最新のトピックス

このページのトップへ

園ぴゅう太スタートアップ

 来年度から導入の園ぴゅう太のスタートアップガイドを下記に記載しますので、ご利用下さい。利用する際は、園から配布されるログインIDと仮パスワードがないと、活用できません。10月9日よりクラス毎に登録を開始しています。

 

        園ぴゅう太スタートアップガイド

   

 



このページのトップへ

みどりっこ広場のお知らせ

    みどりっこ広場開設 

 

 4月17日(火)よりみどりっこ広場を開設します。予定表など詳しいプリントはみどりっこハウスに用意しております

 活動内容・・ 8:30始まり 室内、園庭で好きな遊びをする。

       10:20集まり 出欠確認、歌を歌う、手遊びをする。

       10:30おやつ おうちから持参したおやつを頂く

                 活動−週毎に活動が変わります。

       11:30昼食  お弁当を頂く。

       12:20後片付け 好きな遊びをする。

       13:15集まり  絵本や紙芝居を見る。

       13:30終わり  挨拶をする。

 ★ おやつを少量ご持参下さい。

 ★ お子さんとお母さんのお弁当、飲み物をご持参ください。

       *           *

 参加費は仙台市の広場事業で行っていますので、無料です。おやつ、お弁当をご持参頂き、どなたでも自由に遊んで頂けます。緑ヶ丘第二幼稚園に入園して頂くための広場事業ではありませんので、登録などは必要ありません。但し、事故が起こった場合の保険の名簿としてお子さんの年齢と氏名、保護者の氏名をご記入頂きます。未就園児のお子さんとお母さんがお友だちづくりをしたり、集団生活を体験する環境としての広場事業です。お子さんが場所に慣れてお母さんから離れて遊べるようになると、担当教諭やお友達と遊ぶ経験が広がっていきます。また育児相談なども行っていますので、お気軽にお声がけ下さい。

    みどりっこ広場交流サロン

第1回目 6月13日(水) 第2回目 7月12日(木) 第3回目 9月12日(水)

第4回目 10月17日(水) 第5回目 11月14日(水)

第6回目 12月12日(水) 第7回目 1月16日(水)全日共10:30〜です。

 子育てをしている仲間として子育てについてのあれこれをおしゃべりしてみませんか!

相談・・という程心配ではないけれど、おうちでのこどものこんな様子大丈夫?駄々をこねて大泣き・・どんな風に対応してる?幼稚園ってどんなところ?子連れで楽しめる穴場はどこ?おしゃべりの内容は何でもOK!

 初めての子育て・・転勤で仙台に来て・・と先輩お母さんとおしゃべりをすると自己解決できるきっかけになるかもしれません。どうぞ遊びにお出かけ下さい。

 

 




このページのトップへ

入園募集状況のお知らせ

平成31年度(2019年) 入園募集のお知らせ



このページのトップへ

【重要】 ブログについて

お知らせ
2014年10月末日より、セキュリティ強化のためブログの画像掲載の期間を1年間とします。

※(例)2014年10月01日にブログを閲覧した場合、2013年09日30日までの画像は閲覧可能!!

 

みどりっこブログはこちら

http://midoriko.ac.jp/blog/midori/



このページのトップへ

みどりっこ広場

 

下の画像をクリックしてご覧下さい!!

未就園児向け 子育て支援 みどりっこ広場



このページのトップへ

緑ヶ丘第二幼稚園の概要

園名 学校法人 啓朋学園 緑ヶ丘第二幼稚園
園長 三塚 薫
所在地 仙台市青葉区旭ヶ丘4-8-17
連絡先 TEL:022-234-3030  FAX:022-234-3045    MAIL:info@midoriko.ac.jp



 


大きな地図で見る



このページのトップへ

本園の教育目標

本園は、学校教育法・幼稚園教育要領に従って、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児に適した環境のもとで心身の健やかな発達を目的として幼児の保育にあたります。園生活の中で自分を取り巻く全ての人や物、生き物や自然に感謝する心を育みながら、信頼関係を築く経験を深めます。

 

ねらい <このようなお子さんに育って欲しい>

★命を大切にする心身共に健康な子どもに。
★よいわるいの判断ができ、明るく素直な子どもに。
★根気強く最後まで意欲的に活動する子どもに。
★美しいものに感動し、相手に対して思いやりを持つ子どもに。
★自分の目、耳、心、頭、からだを働かせ、考えたり工夫しながら、物事に取り組み自分を伸び伸びと表現できる子どもに。
★友達を自分から求めて協力し合って遊び、主体的に生活する子どもに。
 

 

 

 



このページのトップへ

Special