学校法人啓朋学園 緑ヶ丘第二幼稚園 | 仙台市青葉区旭ヶ丘にある幼稚園「学校法人啓朋学園 緑ヶ丘第二幼稚園」。

みどりっこブログ
仙台市青葉区旭ヶ丘にある幼稚園 『学校法人啓朋学園 緑ヶ丘第二幼稚園』



<< 前の記事へ 次の記事へ >>

震災追悼式



2015/03/11(水)

 今日は東日本大震災から4年。朝からテレビでも特集が組まれていました。幼稚園では朝からホールに半旗を掲げ、この日を震災について考え、避難訓練の大切さを再確認する日としています。年長さんの修了式の練習の後、全園児がホールに集まり、理事長から震災の話を聞き、地震の際の行動についての紙芝居を見て、震災について考えました。

 さくら1組のHちゃんがまさに平成23年3月11日に生まれ。生まれて間もなく地震が起こったことが紹介されました。ここに今いる人は、お父さんお母さん、周りの方に守られたからこそ生きていること、同じ年位の小さな子も震災で亡くなっていること、おうちが津波で流されて今も自分のおうちに住むことが出来ない人もいること等、皆、真剣な表情で話を聞いていました。

 園では地震が起きたら、泣かない・・泣くとお父さんお母さん、先生の話が聞こえなくなる。どこにいても頭を守ること。ということにポイントを絞ってお話ししています。

日本はどこにいても地震がおこります。起こったときに冷静に行動することが大切と東日本大震災で学びました。電気もガスも水道も止まり、お店には品物がなくなる中でも皆冷静に行動して世界中の方から褒めていただきました。そして、スイッチを押すと電気が点く、火が点く、蛇口をひねると水が出る、そうした日常の何気ないことが多くの人の手によって支えられていたことを再確認しました。無駄遣いをしないようにしよう、と節電節水に努めました。復旧していつも通りになると、そのことを忘れてしまっています。3月11日はそうした原点に返らせてくれる日でもあります。

またいつ起こるかもしれません。常にいつ起こるかわからない・・と備えておくこと、気持ちの準備をしておくことも忘れてはならないと思います。

 最後に皆で小さな手を合わせ、犠牲になり亡くなられた方のご冥福を祈りました。

震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、ご家族、ご親戚、ご友人を亡くされた方の心が一日も早く癒されますよう・・避難生活を余儀なくされている方が一日も早く安心して生活することができるよう・・そして日々安心して暮らせることに感謝して祈ります。




ホームページへ戻る



このページのトップへ

<< 前の記事へ 次の記事へ >>


■最近の記事



■全ての記事
全ての記事を読む


■カレンダー
<< 2015年03月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31





■プロフィール
学校法人
啓朋学園
『緑ヶ丘第二幼稚園』

〒981-0904
仙台市青葉区旭ヶ丘4-8-17
TEL:022-234-3030
FAX:022-234-3045



Copyright (C) 2010-NOW
学校法人啓朋学園 緑ヶ丘第二幼稚園
All Rights Reserved.