みどりっこブログ

仙台市青葉区旭ヶ丘にある幼稚園 『学校法人啓朋学園 緑ヶ丘第二幼稚園』

最近の記事


全ての記事


カレンダー

<< 2018年03月 >>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

携帯サイト

携帯サイトはこちらから!
http://midoriko.ac.jp/blog/midori/m/

便利な機能



リンク


仙台 緑ヶ丘第二幼稚園
ブログランキング・にほんブログ村へ


Twitterボタン
<< 前の記事へ 次の記事へ >>

東日本大震災から7年

2018/03/09(金)

 3月11日は東日本大震災が起きた日です。尊い命が失われたことを教訓として考え伝える日ですが、今年は日曜日なので、本日追悼する会を行いました。

全園児集まって、黙祷から始めました。震災の時、年長さんですらまだお母さんのお腹の中ですから、なかなか伝わらないかも・・と思っていましたが、厳粛な雰囲気を感じ取り、静かに目を閉じ頭を下げ黙祷をするお子さん方の姿に胸が熱くなりました。そして幼児だからわからない・・出はなく、災害について考え、伝えていくことの大切さをあらためて幼な児の黙祷する姿から考えました。

 津波の紙芝居を今年は取り上げました。また、体験者の言葉として、毎年教員の体験談をお話ししてもらっています。当園は海からも川からも遠いので園にいるときは津波の心配はありませんが、海水浴や釣り、旅行などで海や川に行く機会もあります。そんな時のために、高いところへ逃げる、そして地震の時は頭を守って、自分の命は自分で守るということを確認しました。30分程でしたが、ももさんも最後まで真剣な表情で話に聞き入っていました。3月11日はテレビでも追悼番組が放送されることと思いますが、ご家族で、避難について確認し合ったり、避難用具のチェックをお子さんとしてみては如何でしょうか。災害は忘れた頃にやってくるとも言われます。いつも心の片隅にこの状況で地震が起こったら・・と、想定して行動することが、犠牲となられた多くの方々からの教えなのではないでしょうか。

心から哀悼の意を表したいと思います。

 




ホームページへ戻る

このページのトップへ

<< 前の記事へ 次の記事へ >>