豆まき



2020/02/03(月)



  今年の豆まきは如何でしたでしょうか、今年は4人(?)の鬼が登場。子ども会で鬼が来てくれる・・とお話ししたので、朝からバスの中は鬼の話題だったよう。「幼稚園に今日は鬼が来るから行きたくない・・。」と訴えたお子さんもいらしたよう。今年はインフルエンザだけではなく新型コロナウィルス・・も心配される時期ということもあって各クラスを鬼が回ることにしました。年長さんが紙袋を利用してお面を作るとき、「これじゃぁ、顔が見えちゃうよ!」「見えない形がいいよ!」と鋭い指摘。でも写真を撮っても子どもたちの表情が見えない・・ということで、全クラスお子さん方の顔が見える形にしました。

 来るかもしれない・・と手作りのお面に新聞豆を用意して待ち構えるお子さん方。大太鼓の音と共に最初にやなぎ組に乱入。「年長だから怖くない!」と言っていたお子さんも最初はちょっと引き気味。笑顔で「鬼は外〜」と豆を投げるお子さん、先生の後ろに隠れようとするお子さん、捕まえられそうになった友達を助けに行ったりその様子は様々です。今年は鬼との約束をクラスごとにお子さんから聞いて、みんなで約束をしました。年長さんでは「小学校に行ったら時間割を自分で用意します!」という言葉も聞かれ、発達に応じた約束を考えていました。

 園庭を出て、もも組さんのみどりっこハウスへ向かう鬼たち。鬼が靴を履き替えてるっておかしいよね・・首や耳や靴下が見える子どもたちから突っ込まれるよね・・と一生懸命鬼たちが考えた割には、お子さんたちが鬼の移動の様子を見ていることもなく・・ちょっと拍子抜け。ももさんは余りの怖さに動けず・・。それでも少しずつ豆を投げていました。泣いていると鬼に連れて行かれるよ!と言うとピタッと泣き止み、背筋をピンと伸ばして体操座りをするお子さんも。いい子は連れて行かれない・・と聞いていたので、一生懸命ピシッとする姿がかわいい・・。鬼が帰った後の豆に使った梱包材の後片付けの早いこと!いつになく早い片付け、その後のお弁当をさっさと自分から用意して頂いたり、後片付けも一人で・・という姿に変わったりしたようでした。

 お子さん方に何色の鬼が怖かった?と聞くと、「みどり鬼!」「だって、捕まえるんだもん!」という返事でした。お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも優しい昨今、一つくらい怖い存在があってもいいかしら・・鬼が通用するうちは・・。夜泣きはなさらなかったでしょうか・・。鬼さんたちが心配していました